Home  Gallery Movie 借映画帳 DVD Hobby A V  VOICE


2003年ベストテン
2003年 鑑賞映画 BEST10

2003年の1〜12月中に鑑賞した映画の中からベストテン&ワーストを発表!!




1位「 ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 」
思い返すと瞬間に意識は中つ国へ飛んでしまう。
至福の時とは,まさにこの事。

思い出した時の幸せ,楽しさ,スペクタクルが他作品より群を抜いていたので一位!!



2位「 戦場のピアニスト 」

自らも辛い経験を持つロマン・ポランスキー監督が,
ピアノの旋律を背景に,客観的視点で戦争の真実を伝え胸に響く。



3位「 シティ・オブ・ゴッド 」
ブラジルの貧しい地域の現実,重いテーマ,心にズシッとくる。
だけども観賞後なぜか元気になる痛々しいまでのエネルギーに満ちた快作。



4位「 ボウリング・フォー・コロンバイン 」
なぜアメリカは銃社会になってしまったのか。
重くなりがちなテーマを笑わせつつも,きちんと訴える作品に仕上げたマイケル・ムーアに拍手。



5位「 キル・ビル Vol.1 」
「映画」へのリスペクトに溢れた大エンターテイメント!
サントラも最高!



6位「 猟奇的な彼女 」
韓国映画発,爆笑&涙のラブストーリー。


7位「 WATARIDORI 」
美しい映像,心地良い音楽,鳥達のはばたき,みごとな三重奏。
視野が広がる傑作ドキュメンタリー。



8位「 HERO/英雄 」
絵画的であり,情熱にも満ちたヒーロー列伝。


9位「 マトリックス レボリューションズ 」
一時代が終わったかのように感慨深かったシリーズ完結編。
冴え渡るビジュアルセンスは言うに及ばず,神聖な感じすら漂うラストも納得。



10位「 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 」
ほのぼの&軽快なスピルバーグ作品の真骨頂!



次点は
「 ソラリス 」
「 ドラゴンヘッド 」
「 ピカ★ンチ 」
「 アカルイミライ 」

うわっ,カタカナばっかりやん。(笑)

この4本以外にも好きな映画があるんだけれども,
あえて10位までの順位をつけるとなると上記になりました。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2003年ワースト

「魔界転生」 
登場人物の誰にも感情移入せぬ間にエンドクレジットになってしまった・・・

「ボイス」
サスペンス劇場の様にありふれた展開で,ホラー映画なのに怖いどころか眠かった。

「メラニーは行く!」
人生,結局は「金」のメラニーに幻滅。

「デアデビル」
こんなにも格好悪いヒーローは初めて!

「リーグ・オブ・レジェンド」
設定は満点! 映画は赤点!


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ベストオープニング
心に残ったオープニングを持つ映画を発表!


「ゴースト・シップ」
思わず悲鳴をあげそうになったショック度満点のオープニングに掴みはOK!

「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」
センスのいいお洒落なアニメで物語の概要を語る演出にうっとり。

「ゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS」
三大怪獣をチラッと紹介程度に見せる構成が好き。

「踊る大捜査線THE MOVIE2」
耳馴染みの音楽にのせて登場人物紹介の映像がかっこよく気分高揚MAX!



〜〜〜〜〜〜〜〜
まとめ

2003年は,娯楽としての映画が多かったような気がします。
「パイレーツ・オブ・カリビアン」「007 ダイ・アナザー・デイ」「座頭市」など。

先行き不安な社会情勢を反映しているのかなぁ


2004年はどんな映画が登場してくるのでしょう。

期待作品をあげてみると,
「イノセンス」「ハウルの動く城」「スチームボーイ」
「デビルマン」「キューティーハニー」「鉄人28号」
「半落ち」「世界の中心で愛を叫ぶ」「花とアリス」「スウィングガールズ」
などなど邦画のラインナップが豊富で嬉しい。


今年もたっくさんの心に響く作品に出会えます様に。



ではまた来年のこのコーナーまで!
see you next year♪



映画感想インデックス
(50音順)


ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔 コレクターズ・エディション


ポニーキャニオン
2003-10-01
売り上げランキング 1,325

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools
ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還 コレクターズ・エディション ロード・オブ・ザ・リング ― スペシャル・エクステンデッド・エディション マトリックス リローデッド 特別版 パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち コレクターズ・エディション マトリックス レボリューションズ 特別版〈2枚組〉






ベストテン

2004年

2003年

2002年

2001年

2000年


Movieのトップへ