月の土地

トップページ>月の土地

【月の土地とは?】

 月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏(現アメリカルナエンバシー社CEO)。同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。


すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約しかないことが判明した。
するとこの宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。


このデニス・ホープ氏の徹底した調査により、今後の月の土地や惑星の土地の販売の道が切り開かれていったと言っても過言ではありません。


【月の土地販売のいきさつ】

 この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。


 これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『月の土地 』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。



【気になる月の土地の値段と詳細】

◇ 値段はいくらなの?

  『月の土地 』は、1エーカー(約1200坪)の広さが、2,700円です。約1,200坪(1エーカー)の土地と言うと、サッカーグラウンド1つ分に相当します。お一人で何エーカー購入されても構いません。


◇何故こんなに安いのか?

  もし高価だった場合、みんなが気軽に買うことができません。米ルナエンバシーは、欲しいと思った人たちが誰でも買える値段で、できるだけ多くの人達に土地を所有してもらいたいと思っているそうです。


◇『月の土地』ってどのくらいの広さ?

 地球から見える表面だけで、約50億エーカーあります。現在、約4億エーカーの土地がすでに販売されています。


【月の土地商品紹介】

月の土地
定価:3,000円(税・送料無料)
ネット価格:2,700円(税・送料無料)
月の土地 カードセット

定価:3,000円(税・送料無料)
月の土地 ファイルセット

セット価格:6,500円(税・送料無料)
月の土地 カード付きファイルセット

セット価格:7,000円(税・送料無料)

とても安価で夢が購入できる月の土地 は、記念日にピッタリの当サイトでも一番人気となっている商品です。


*商品のお問い合わせや詳細は株式会社ルナエンバシージャパン ホームページを参照下さい。
*本ページの紹介は、株式会社ルナエンバシージャパンホームページから引用しています。


Copyright 2007-2011 結婚記念日に贈るプレゼント All rights reserved.